20161106bi_01

 今年2016年に基地開設60周年を迎えた航空自衛隊奈良基地。その記念行事の一環として、航空自衛隊のアクロバティック部隊「ブルーインパルス」が平城宮跡上空を中心に編隊飛行を行いました。ブライトリングのロゴの横を飛行している場面をパシャリ。前日の予行演習飛行の際は快晴だっただけに当日の曇天が少し恨めしいですが、こればっかりはどうしようもありませんね......。
20161106bi_02
 カサブランカ上空も飛行範囲でしたので、近い距離から見ることができました。ブルーインパルスが奈良に来るのは実に30年ぶりとのこと。滅多にない貴重な機会に巡り合えました。全国的にこのような航空イベントを行っているようで、11月27日(日)は茨城、12月4日(日)は宮崎の空に訪れるそうです。お近くの方は是非!
20161106bi_03
 ついでというわけではありませんが、ちょうど今回の話題にピッタリのモデル「クロノマット44 ブルーインパルス」をご紹介。2013年に発表された日本限定400本の希少モデルです。弊社は愛媛のいよてつ髙島屋の時計売り場もさせていただいているのですが、そこで眠っていたお宝モデル。
 一見して目に飛び込んでくるブルーインパルスのエンブレムが非常に特徴的ですが、ベゼルの数字にモールドしたブルーラバーや、インダイヤルのスケルトンのブルー針、そして上面サテン仕上げのケース/ブレス等、限定モデルならではの仕様が採用されています。ちなみにブルーの色味もレギュラーモデルとは微妙に違います。
20161106bi_04
 左がブルーインパルスで右がレギュラーモデルのブラックアイブルー。ブルー文字盤でインダイヤルがブラックという配色は同じです。あえて影を落とした写真ですが、こうして見ると違いはわかりにくいですね。ですが、光を当てると......
20161106bi_05
 おわかりいただけたでしょうか。ブルーインパルスは落ち着いたブルーで、レギュラーモデルは鮮やかなブルー。実際の色味の違いも大きいのですが、レギュラーモデルのブルーは少しメタリックな感じで光沢がありますが、ブルーインパルスはマットな渋さがあります。ケースの仕上げとの相性を考えて製作したのでしょうね。

[2016年11月7日現在] 店頭にて1本在庫ございます。
モデル名:クロノマット44 ブルーインパルス
Ref.A013CBIPS
ムーブメント:キャリバー01(自社製造・開発/自動巻クロノグラフ)
素材:ステンレススティールケース&ブレスレット
ケース径:44mm
防水性:500m
日本限定400本
価格:税別970,000円(税込1,047,600円)2016年11月現在

カサブランカ奈良/竹山
 カサブランカ奈良・スタッフブログ『ブライトリング世界チャンピオンのつぶやき』でも更新しております。こちらでしかご覧になれない記事もありますので、ご興味がわきましたら是非!