ブライトリング正規販売店 カサブランカ奈良

October 2012

OFFICIAL SEMINAR 2012 Vol.2

さて、ランチの後はいよいよセミナー開始です。!
私が選んだ講義はこちら。
各々簡単にレポートいたします。

bos2012_04



■ MARKETING
-新規顧客獲得の戦略と成功例-


ブライトリングの戦略としてまず前提にあるのが認知度のアップ。
その為の戦略として雑誌・新聞・交通広告、店頭演出(看板)等、人の目に触れやすいところへのアプローチを意欲的に行っています。
今年はコスモノートの世界同時発売に焦点を絞って各所で発表されていますので、通りすがりで見かけた方も少なくないのではないでしょうか。

その結果、ブライトリング・ジャパンのオフィシャルWEBサイトのアクセス数は2012年1~8月の期間でなんと170万人!
ページビューにいたっては2,000万という数字が出ているようです。
これはインポートウォッチNo.1の実績。

さらに、セールスマスターブログからオフィシャルWEBサイトへのアクセスも前年より6%アップ。
そして、朝日新聞読者のブライトリングの認知度が2011年では29.5%だったものが、今年は41.8%まで上昇。
継続して行ってきた広告活動の成果が着実に出ていますね。

次に、2012年上半期の正規販売店の取り組み事例の紹介。
やはり目につくのはフェアの告知方法ですね。
店舗近辺の各所にフェア広告を配置し、さらに最寄駅等の交通機関にも地図付の広告で誘導。
電車内の車額広告やラジオCM等も効果があったようです。
また、facebookを活用した戦略も非常に興味深いですね。
中々難しい面もありますが、上手に活用すれば新規顧客獲得に繋がる可能性があるように思えます。



■ FROM PROFESSIONAL
-プロフェッショナルが語る魅力-

腕時計評論家「並木浩一」氏とパイロット「室屋義秀」氏が語るブライトリングの魅力。
並木教授はブライトリングの凄いところを3つ挙げました。

まずは「過去も現在も独立ブランドであること」
現在、ほとんど時計ブランドがグループに所属する中、創立からずっと独立ブランドであることが凄い!
グループに属さないからこそ、特別で面白いことができます。
そして、ブライトリングは歴代のトップの名前と顔が一致する数少ないブランドでもあります。
トップがあまり変わらない為、ブランドの理念が一貫してブレない利点があります。

次は「機械式クロノグラフの先駆者であり、リーダーであること」
現在、当たり前のように普及している2プッシュクロノグラフ。
この形を最初に作ったのがブライトリングです。
そして、世界の機械式クロノグラフの10%がブライトリングの製品となっており、これはもちろん世界トップシェアを意味します。

最後に「価格に対する品質の高い達成度」
妥協を許さない細部までこだわり抜いたディテールは、価格以上の品質に仕上がっています。
そして、全てのパーツがスイスメイドであるということも重要。

これらを踏まえて、ブライトリングを一言で表現すると、

『ブライトリングには代わりがない。
唯一無二のパイロットウォッチ。』


ブライトリング外の人から見たブライトリングの魅力。
あまりこういう機会はないので興味深かったです!
次に室屋さんのお話。

華麗なアクロバティックを平然とやってのける室屋さん。
しかし、実はその間8Gもの負荷が体にがかかっているそうです!
そして、血が抜けてくるのを防ぐ為に体を絞って引き締め、無理矢理血が抜けないようにするとか……。
さらに、ハンドルを2、3センチ動かすだけでクルッと回転してしまうほど繊細なハンドル操作。
普通の飛行機の6~10倍ほど敏感だそうです。
アクロバティックの話だけでも十分面白い!

そして、時計の話。
パイロットにとって、腕時計とは自分の現在地を知る為に必要なものですという言葉からスタートします。
いざ空を飛ぶと何もない景色が続くこともあり、目印が全くない状況になります。
そこで自分が今どこを飛んでいるのかを確認するにはどうすればいいかというと、自分が出発した時刻を覚えておき、時速何キロでどの方角にどれだけの時間飛んでいるかで判断するということ。
しかし、アクロバティック用の小型飛行機は出来る限り軽くするため、時計が内臓されていないことが多く、仮についていたとしても故障しているケースもあるとか。
そんなときに一番安心なのが自分が着用している腕時計ということです。
普段から愛用している信頼度の高い腕時計が一番頼りになるとのこと。
そんな室屋さんがブライトリングに出会ったのは偶然ではなく必然なのでしょうね!



■ WORK SHOP
-モデルに触れて、学ぶ、感じる。-


ここではブライトリングの代表的なモデル「クロノマット44」「ナビタイマー01」「スーパーオーシャン・クロノグラフ」の3モデルを用いて、実際に触りながらその使い方を学びました。
ご存じの通り、“プロフェッショナルのための計器”という言葉を掲げているブライトリングの時計は様々な機能を持っています。
タキメーター・回転計算尺・ダイバー用の逆回転防止ベゼル等がそうですね。
併せて販促ツールの使い方もここで学びました。
接客時により円滑にお客様にご説明する手段を復習するような形式です。



■ PASSION SALES TALK FOR ADVANCED
-情熱セールストーク上級編-


自社製ムーブメント搭載モデルを中心としたセールストークの習得を目的とした講義です。
主にキャリバー04搭載モデル「クロノマットGMT」と、キャリバー05搭載モデル「トランスオーシャン・クロノグラフ・ユニタイム」を軸にした展開でした。
他のセールスマスターの方々と簡単なロールプレイを行い、これらの魅力について学んでいきます。
知識だけではなく、他店の方々の接客や意見を実際に聞けるのは良い刺激になりますね!



今年からアラカルト方式になったオフィシャルセミナー。
全員参加のSWISS PRESENTATIONで現在のブライトリングの基本を踏まえた上で、各自興味のある講義を受講するという流れは良く考えられていると感じました。
それぞれが1時間弱という短い時間ではありましたが、その分要点が明確でポイントがつかみやすかったことも今回のアラカルト方式のメリットのひとつですね。
様々な講義内容が用意されていましたので選ぶ側も楽しんで受講できたように思います。
製品やサービスだけでなく、このようなセミナーも常に進化させ続けるブライトリング。
ブライトリングオーナー様はもちろん、私達販売員に対してもここまで楽しませてくれるブランドは中々ありません!
このセミナーでブライトリングについて学ぶとともに、ブライトリングの熱意を実際に感じることが出来たことが一番大きな収穫でしょう。

OFFICIAL SEMINAR 2012 Vol.1

bos2012_02

2012年10月2日(火)にウェスティンホテル大阪で開催された“BREITLING OFFICIAL SEMINAR 2012”
今年も参加させていただきました!
昨年初めて参加させていただきましたので今年で2回目。
実は今回からこのオフィシャルセミナーの内容が大幅に変更されました。
昨年まではビギナーとアドバンスという2つのコースのどちらかを選択する形式でしたが、今年から好きな講義を自分で選んで受講する形式に。

bos2012_03

このような形で3つの中から好きな講義を選択していきます。
大学の授業を選ぶような感覚ですね。
では、私が受講した講義を簡単にご説明いたします。



■ SWISS PRESENTATION
-不動の製品哲学-

スイス・ブライトリング社リテーリングディレクター「マシュー・ブルニショルツ」氏によるブライトリングのグローバル戦略、市場動向の分析などのプレゼンテーション。
こちらは全員参加のプログラムです。

詳細については明かされませんでしたが、来年は日本のTV等のメディアへの露出が増加、そしてジェットチームやジェットマンも日本に……?
話題性抜群の戦略を考えているようですので、日本におけるブライトリングの認知度に大きな変化が見られるかもしれません。

新製品の情報も少しだけ公開されました!
そのうちのひとつは近いうちに皆様にご案内できるかもしれませんので是非お楽しみに!

そして、現在全世界のセールスマスターを対象としたネットトレーニング“BREITLING CHALLENGE 2012”というものが開催されています。
何度も挑戦可能なクイズ形式になっており、世界ベスト3には世界最高のクロノグラフの限定金無垢モデルが授与されるというものですが……
実は、現在私が世界1位です!(暫定)
SWISS PRESENTATIONの場をお借りして暫定世界1位として紹介していただきました。
本当にありがとうございます。
期間は11月末までですのでまだまだわかりませんが、なんとかこのまま1位をキープしたいですね!



bos2012_01

ランチタイムです。
写真はセミナー恒例(?)のブライトリングケーキ。
毎年デザインが違いますが、今回は冒頭でご覧いただいた受講内容を模したデザインですね。
相変わらず凄い!!
食べるためではなく撮影するために並び、無傷の状態をパシャリ!
皆さん考えることは同じで、しばらくシャッター音が鳴り響いてました。
そういえば、このケーキ食べるの忘れてました……。



ランチの後はいよいよセミナーがスタートです!
次回へ続く。
Shop Information
Salesmaster
Recent Comments