ブライトリング正規販売店 カサブランカ奈良

March 2012

BASELWORLD 2012 Vol.3+α

少し間が空きましたが引き続き新作情報をご紹介!

トランスオーシャン・クロノグラフ・ユニタイム
トランスオーシャンクロノグラフユニタイム

ブライトリング独自のワールドタイム機構を備えた新しい完全自社開発・製造ムーブメント「キャリバー05」。
ひとつのリューズだけでワールドタイムと時刻と日付を操作でき、主要都市24タイムゾーンを同時に読み取ることが可能になっています。
ちなみにこの“ユニタイム”という名前は、1950~1960年代にブライトリングが創作したワールドタイム機構搭載モデルを指しています。 
当時のクラシカルなユニタイムのデザインに最新技術を詰め込んだブライトリング渾身のモデルです!
また、都市名につきましては、特別注文で中国語、日本語、ロシア語にも対応するようです。

ユニタイム言語

 ……うーん。
やっぱり英語が一番良いんじゃないでしょうか……?


さて、私事ではございますが、先日出張で東京に行ってまいりました。
少し自由な時間がありましたので銀座のブライトリングブティックにご挨拶と見学に。
色々とお話しを伺いつつ、一度見てみたかったモデルをおねだりして見せていただきました。

ブティック限定アビス・オレンジ

昨年ブティック限定で発表された42のアビス・オレンジ。
今年2000本限定で発売されるものと“ほぼ”同じです。
ブティック限定の秒針は先だけがオレンジなのに対し、今年発表された限定モデルの秒針は全体がオレンジ……という非常に微妙な違い。
その違い云々は置いといて、このアビス・オレンジのカラーリングは個人的にお気に入り。
予想以上に格好良かったです。
やっぱり写真と実物は違いますね。
早く今年の新作に触れてみたい……って書いてて思い出しましたが、
メンバーズサロンの開催スケジュールは皆さんご覧になりましたか?
まだご覧になられていないメンバーさんは是非チェックを!

メンバーズサロン2012の開催スケジュールはこちらから。

BASELWORLD 2012 Vol.2

引続き新作情報をご紹介!

ナビタイマー コスモノート 
コスモノート

生産終了になり姿を消したコスモノートが復活!
コスモノートは、1962年にオーロラ・セブン号が初めて地球を3周したときに使用されたモデルです。
昼夜がわからない宇宙でも瞬時に午前午後を確認できるようにデザインされた24時間表記の文字盤が特徴的ですね。 
クラシカルなデザインに人類の歴史が詰まったこのモデル、ただ復活するだけではありません。
なんと新たな自社製ムーブ「キャリバー02」が搭載されています!
このムーブメントの最大の特徴は手巻きクロノグラフである点でしょう。
宇宙では自動巻き機能が働かない為、必然的に手巻きである必要があります。
日常生活においてはあまり関係はないかもしれませんが、プロフェッショナルが実際に使用する「本物」の時計を身に着けることに大きな価値があるのではないでしょうか。
妥協を許さないブライトリングのこだわりと、人類の歴史を同時に味わえる魅力的なモデルです。
世界限定1962本の希少モデルです。

スーパーオーシャン42 LIMITED アビス・オレンジ
スーパーオーシャン42オレンジ

一昨年に「スーパーオーシャンⅡ」として発表されたこのモデル。
ラバーベゼルと色鮮やかなカラー展開が特徴的なこのモデルは、現行のスーパーオーシャンシリーズのベースとなっています。
そして今年、このスーパーオーシャン42にアビス・オレンジが限定カラーとして発表されました!
昨年ブティック限定で発売されていましたので既にご覧になられた方もいらっしゃるとは思いますが、今回注目していただきたいのは新型のスーパーオーシャン・レザーストラップ。
裏面の色をダイヤルカラーに合わせた非常にお洒落な仕上がりに!
ストラップ側面からチラリと主張するオレンジが男心をくすぐりますね。
このレザーストラップは全色展開となっていますので現行のカラーにも対応しています。
本格ダイバーの性能とお洒落を両方楽しんでいただける贅沢な1本です!

ブライトリングの新作情報 レポートはこちらから。

BASELWORLD 2012 Vol.1

現在スイスで行われている「BASELWORLD 2012」。
ブライトリングの新作情報も続々と発表されています!
こちらがニューモデルの一覧です。

NEW MODELS 2012

中でも個人的に気になったのはこちら。

クロノマット・ブラックバード
クロノマット・ブラックバード

ビッグデイトが特徴的なブラックバードが2000本限定モデルとして復活いたします!
黒文字盤上に映える真紅の針と日付の枠線がどストライク!
往年のファンにとってもたまらない1本ではないでしょうか。
価格も現行のクロノマットシリーズの中で最もお求めやすい設定になっているのも魅力のひとつですね。

トランスオーシャン・クロノグラフ 1461
トランスオーシャンクロノグラフ1461

昨年登場したトランスオーシャンシリーズ。
今年はさらに「UNITIME」「1461」「QP」の三種類がラインアップに追加されました。
中でも注目したいのがこのトランスオーシャンクロノグラフ1461。
1461日間(4年間)日付修正が不要なセミパーペチュアルカレンダーとムーンフェイズを搭載。
そして、視認性とデザイン性を両立した美しい文字盤も素晴らしい!
エレガントな文字盤に浮かぶムーンフェイズが独特の美しさを演出してくれていますね。
現行のトランスオーシャン・クロノグラフとはまた異なった魅力を持ったモデルです。 

今年も豊作なブライトリング。
まだまだ語りつくせないので続きは次回!

ブライトリングの新作情報 レポートはこちらから。

ご挨拶

はじめまして皆様。
はじめましたブログ。
カサブランカ奈良の竹山です。
ついについに!ブログデビューいたしました!
ブライトリングに関することはもちろんですが、
それ以外についても書かせていただこうかなーと思っていますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

そんな私のブログデビューを祝うかのように(?)届いた
「ウォッチファイルVol.68」。
watchfile_vol68

スーパーオーシャン・シリーズの特集と、
“日本、がんばろう”モデルとして再リリースされた
「モンブリラン38」と「クロノ・スーパーオーシャン」が掲載。
モンブリラン38につきましてはブラック、シルバーどちらも店頭でご確認いただけます。  
皆様のご来店を心よりお待ちしております。 
Shop Information
Salesmaster
Recent Comments