ブライトリング正規販売店 カサブランカ奈良

アベンジャー バンディット【2016年新作】

20160823ab_01

 今年2016年に新たに発表されたアベンジャー・シリーズのニューモデル「アベンジャー バンディット」。新作情報が出た際に顧客様より「現行のアベンジャーⅡと何が違うんですか?」というご質問を何度かいただきましたが、実は色々と異なる特徴を持っています。
 
 まずは「素材」。バンディットはケース素材にチタンを使用しています。エアロスペースをはじめとしたプロフェッショナル・シリーズでよく使用されている素材ですが、比較的その他のシリーズではあまり使われていません。現在のアベンジャー・シリーズの中ではブラックバード(44mm/48mm)のみブラックチタン(DLC)を使用していますが、DLCではないチタンはこのバンディットのみ。また、ケースの仕上げも現在のブライトリングでは珍しい全面サテン(艶無し)。デザイン自体はアベンジャーⅡと酷似しているものの、実は非常に珍しい仕様のモデルです。
 ステンレスとチタンの素材の違いで一番わかりやすいものは「重さ」ですが、バンディットは100.73gでアベンジャーⅡは117.05g(どちらも時計本体のみの重さ)ですので約14%ほど軽量化。アベンジャーⅡは43mmでバンディットが45mmであることも考慮するともう少し差がつくでしょうか。ちなみに他のモデルを例に挙げるとクロノマット44は128.60g、コルト・クロノグラフ・オートは118.95g、トランスオーシャン・クロノグラフは91.00g、ナビタイマー01は81.20g(全てステンレスモデル)。機械式クロノグラフの代表モデルを列挙しましたが、その中でもちょうど中間くらいですね。重すぎず軽すぎず......といった感じでしょうか。あくまでこれは時計本体のみの比較ですので、実際に金属ブレスレット/革ストラップを含めて比べるとかなりの違いが出るかとは思いますが、バンディットは金属ブレスレットは未対応。ミリタリー/ミリタリーラバー/ラバーの3種類のストラップからお選びいただけます。
20160823ab_mr_01

 左がミリタリーラバーで右がミリタリーです。ミリタリーラバーは布地とラバーを組み合わせた新しいストラップです。従来からあるミリタリーは裏地をポリウレタン加工していましたが、ミリタリーラバーに関してはどちらかというとベースがラバーで、その表面に布地を組み合わせたような印象です。あと、ステッチがミリタリーラバーの方が控えめですね。厚みに関してはほぼ同じくらいです。ミリタリーラバーはラバー用のバックルが使用できるので、サイズの微調整も容易です。
20160823ab_02

 文字盤もバンディットのためだけの特別仕様です。チタニウム・グレーというバンディットにしか使用されていない文字盤カラー。グレーですが、時々青みがかったようにも見えるなんとも言えない色味......これはぜひ実際にご覧いただきたいです。そして、文字盤と同色のインダイヤルで、なおかつアラビア数字のインデックスという文字盤はアベンジャーⅡでは展開がありません。48mmのスーパー・アベンジャーⅡでは同じ仕様のブラック文字盤がありますが、通常のアベンジャーⅡではアラビア数字の文字盤は全てインダイヤルがシルバーになっています。そして、アラビア数字の植字にもサテン仕上げが施されているので、通常のポリッシュのように光の反射で埋もれることがなく、見え方の印象もかなり変わってきます。

 今年はハリケーンやGMTのブルーMOP等、アベンジャー・シリーズにかなり注力していますね。アベンジャーは世界的にも高い人気を誇るシリーズですし、実際にお客様からサテン仕上げが欲しいという声を頂戴することも少なくありませんでした。そんな要望に応えたファン待望のニューモデルです。是非店頭にてその質感をご確認ください。

[2016年8月23日現在] 店頭にて1本在庫ございます。
モデル名:アベンジャー バンディット
Ref.E334M34ARE
ムーブメント:ブライトリング13(自動巻)
素材:ステンレススティールケース&ミリタリーラバーストラップ
ケース径:45mm
防水性:300m
価格:税別700,000円(税込756,000円)2016年8月現在

カサブランカ奈良/竹山
カサブランカ奈良・スタッフブログ『ブライトリング世界チャンピオンのつぶやき』でも更新しております。こちらでしかご覧になれない記事もありますので、ご興味がわきましたら是非!  

アベンジャーII GMT ブルーマザー・オブ・パール【日本特別モデル】

avenger_gmt_bmop_01

 カサブランカ奈良の竹山です。今回は日本限定の特別モデル「アベンジャーII GMT ブルーマザー・オブ・パール」をご紹介。通常はブラック/ブルー/シルバーのバーインデックスと、ブラックのアラビアインデックスのみですが、日本限定でブルーマザー・オブ・パールを採用した文字盤を発表しました。マザー・オブ・パール(以下MOP)の中でもホワイトやブラックは今まで出ていましたがブルーは中々珍しいです。そもそもブラックMOP自体がブルー系統の色目をしていますよね。
 
avenger_gmt_bmop_02

 というわけでブラックMOPとブルーMOPの比較。同モデルではないのであくまで参考程度ですが、先日ご紹介したクロノマット44 ローマンブラックMOPと並べてみました。毎度のことながら光の当たり具合で色味は変わるのですが、どちらかというとブラックMOPは青っぽく、ブルーMOPは水色っぽい印象です。文字盤の模様はブラックMOPと比べて大人しめ。これは色の違いによるものというよりは使用している貝の違いでしょうか。

avenger_gmt_bmop_04

 文字盤上で光と影を半々にしてみました。光が当たっているときの方が模様が浮き出てきます。影の部分は淡い紺のような色味。他のMOPとはまた違う落ち着いた綺麗さがあります。
 今まで気づかなかったのですが、アベンジャーII GMTは日付の枠を立体的に仕上げていますね。アベンジャーシリーズでもシーウルフは同じような枠でしたが、それ以外はペイント。他シリーズではギャラクティック36オートマティックが同じようなディテールでした。

avenger_gmt_bmop_03

 この特徴的な赤針「GMT針」について。ご存知の通り、第2時間帯を示す機能です。海外に行った際、自国と現地の時刻を同時に示すことができます。このモデルに搭載されているムーブメントはブライトリング32。自社製ムーブメントでGMT機能が付いているキャリバー04とは操作方法が異なります。
 キャリバー04ではリューズを1段引くと短針のみを独立して動かすことが可能ですが、ブライトリング32では1段引いて12時方向に回すとGMT針が進み、逆に6時方向に回すと日付が変わります。実際に海外で使用することを想定すると前者の方が使い勝手は良いのですが、そのデメリットとして日付だけを単独で動かすことができません。逆に国内使用のみであればGMT機能が必要ないので、後者の方が良いという方もいらっしゃいます。
 文字盤上には「SPECIAL EDITION」の赤文字。GMT針と色を合わせています。最近のブライトリングではお馴染みの赤い差し色ですね。

 以上のように正面カットの写真ばかり見ていると気付きにくいのですが、実はこのアベンジャーIIはかなりの薄型ケースです。アベンジャーIIとアベンジャーII GMTを並べると......。
avenger_gmt_bmop_05

クロノグラフと比較するのもズルいかもしれませんが、それでもこれだけの差があります。厚さはアベンジャーIIが16.50mm、アベンジャーII GMTが12.20mmですので4.3mmの差。IIになる前のアベンジャーは今よりも大きく、ゴツゴツとした無骨な男らしい恰好良さを感じさせるモデルでしたが、GMTに関してはその印象があまり無く、綺麗で着けやすいモデルに仕上がっています。もちろん現在も48mmのスーパーアベンジャーIIや3,000m防水のアベンジャーIIシーウルフ等、ゴツいモデルも健在ですので、アベンジャーの中での選択肢がより広がったという印象を受けます。

[2016年6月21日現在] 店頭にて1本在庫ございます。
モデル名:アベンジャーII GMT ブルーマザー・オブ・パール
Ref.A329CMPPSS
ムーブメント:ブライトリング32(自動巻)
素材:ステンレススティールケース&ブレスレット
ケース径:43mm
防水性:300m
日本限定特別モデル
価格:税別470,000円(税込507,600円)2016年6月現在

カサブランカ奈良/竹山
カサブランカ奈良・スタッフブログ『ブライトリング世界チャンピオンのつぶやき』でも更新しております。こちらでしかご覧になれない記事もありますので、ご興味がわきましたら是非! 

ナビタイマー1884【世界限定1,884本】

20160605_navi1884_01
 突然ですが皆さん「1884」という数字に心当たりはございますか?瞬時にビビッときた方はかなりのブライトリング好き!正解はブライトリングの創業年です。ロゴにも入っておりますのでどこかで見たことあると感じた方も多いのではないでしょうか。
 今回ご紹介するモデルはその創業年をモデル名に冠する「ナビタイマー1884」。今年発表された世界限定1,884本モデルです。このモデルに搭載されているムーブメントは、数年前に惜しまれつつも生産終了したモンブリラン・ダトラと同じ「ブライトリング21」。○月○日○曜日まで表示する機能が備わっています。インダイヤルの24時間針と、日付を針で差し示すことが特徴です。

 ケース径は46mm。モンブリラン・ダトラが43mmでしたので3mmのサイズアップ。現行モデルではナビタイマー01(46mm)とナビタイマー・ワールドが同じ大きさです......が、ケース径が同じでも体感の大きさは異なります。

20160605_navi1884_02
左:1884 中央:01(46mm) 右:ワールド
私は1884が一番大きく見えるのですが、皆さんはいかがでしょうか?もちろん上述の通りサイズは全て同じです。1884は回転計算尺部分含め全面ブラック一色。モデルの印象だけではなくサイズ感にまで影響を与えます。
「この時計は何ミリ?」というご質問をよく頂戴しますが、上の3本のように同じシリーズの同じケース径でも印象は異なりますし、モデルやブランドが変われば尚更その差は大きくなります。ですので、このモデルに限らずケース径はあくまで参考程度。時計をお選びになるときは実際に腕に乗せていただいた感覚でご検討いただくのがベストでしょう。

20160605_navi1884_04

 細かい仕様はほとんどが現在のナビタイマー01と同様です。具体的には針(長針/短針/クロノグラフ針等)、ロゴ(18K植字)、インデックス(SS植字)等々。後述しますが、ブライトリングの歴史的名作の要素をベースにし、細部を現代風にアレンジしたような印象を受けます。

 冒頭でモンブリラン・ダトラというモデルを挙げましたが、ブライトリングは1940年代に「ダトラ」というモデルを発売しています。モンブリラン・ダトラはもちろん、このナビタイマー1884もダトラのオリジナルモデルの特徴を受け継いでいます。
20160605_navi1884_03
 こちらが当時の広告資料です。左が先述のダトラ。月と曜日の窓表示、日付の針表示等は現在と同様ですが、当時は横目(インダイヤルが3・6・9時位置)で、回転計算尺も無し。小さくて見辛いですが左のインダイヤルが通常のスモールセコンド(秒針)のみで24時間針がないですね。当時もベストセラーモデルとして高い人気を誇っていたようです。
 ブライトリングが今に至るまでずっとこの月・日・曜日表示機能を採用している理由は、便利さよりも歴史的名作「ダトラ」の意匠を残していきたいからなのかもしれませんね。
※モンブリランのように見える右のモデルは1942年に誕生した初代クロノマットです。現在のクロノマットは1984年に復活したクロノマット・オリジナルがベースになっています。

[2016年6月5日現在] 店頭にて1本在庫ございます。
モデル名:ナビタイマー1884
Ref.S011BRMPA
ムーブメント:キャリバー21(自動巻クロノグラフ)
素材:ステンレススティールケース&ブレスレット
ケース径:46mm
防水性:3気圧
世界限定1,884本
価格:税別940,000円(税込1,015,200円)2016年6月現在

カサブランカ奈良/竹山
カサブランカ奈良・スタッフブログ『ブライトリング世界チャンピオンのつぶやき』でも更新しております。

Shop Information
Salesmaster
Recent Comments